読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職のすすめ

天職とはなんなのか。WEBデザイナーのスキルアップについてのブログ

上司や聞き手を説得できるプレゼンの作成方法やテクニック

 

プレゼンで成功したいですよね?

契約とりたいですよね?

ちょっとでもプレゼンをよくしたいですよね?

 

プレゼンで成功するにはしっかりと聞き手を

納得させなければなりません。

じゃあ、納得させるプレゼンを作成するにはどうすればいいか?

 

プレゼンを作成するときに意識するポイントは3つあります。

これを押さえるか、押さえないかでか な りプレゼンの出来は違います。

 

どうせつくらないといけないなら

説得力のある、相手を納得させるプレゼンを作成しましょう。

 

 

1.数字データをしっかりと入れる

これものすっごい重要なので始めに言いました。

数字がないと説得は全くできませんし、

「で?根拠は?」

と言われてしまいます。

 

数字はどんな人だって納得させてしまう

恐るべきパワーが隠されているのです。

 

オールド・ドミニオン大学のジェームズ・バスラ―博士の実験で

数字を入れるだけで説得力が増したとされる実験データがあります。

 

なにかを主張するときに数字データがあれば

かなり印象も裏付け度も違ってきます。

 

たとえば、

若者が温泉にいかないらしいので

温泉でなにかプランを作りましょう!

って提案どう思いますか?

 

「それ本当なの?」

「そういってるの君の周りだけなんじゃないかな。」

って思いませんか?

 

いかないらしいって、、、プレゼンにはらしいは厳禁です。

 

じゃ、数字データつかってみましょ。

 

 

 

総務省統計局家計調査家計収支編二人以上の世帯詳細結果表(2012年度)によると

温泉銭湯の支出額で年代別にみると、

一番多い、60代の支出額は3,065円

29歳以下の年間支出額は837円となっています。

どの年代よりも29歳以下の支出額が少ないので

温泉に行っていないことがこの表からわかります。

 

こんな感じでグラフ付きで言われたら、

「若者って温泉いかんのやな~」

ってなりますよね。

 

でもちょっとまって、このデータ古いよね。

数字データを集めるときに絶対に気を付けないといけない点があります。

1.最新データを用意する

2.引用元はしっかりしているか?

3.過去10年分くらいあるとベスト

 

1.最新データを用意する

数字データはなるべく

最新数字データを用意してください。

最新データでないと信用度が落ちます。

情報古いで~、今が知りたいねん。って聞き手に言われますよ。

 

 

2.引用元はしっかりしているか?

自社の過去データなら大丈夫。

もしインターネットなどで探すときは注意が必要です。

なんの根拠もない情報がネットには溢れています。

その中から探すのはもう大変。

 

で、おすすめの検索場所は

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do

ここです。政府が管理しているので信頼性のあるデータがとれます。

プレゼンの参照データのところに「総務省」とか書いてあったら

それだけで話し手の信頼度ってあがります。

 

他にも〇〇大学〇〇教授などが出しているデータもGOOD。

学生や、個人のビジネスマンが独自と偏見で書いてあるデータはやめときましょ。

 

 

3.過去10年分のデータを取る

それだけあればベストですが、ない場合もありますので

取れる分だけ取ってきましょう。

数字の変化を見せながら、自分の言いたいことを主張しましょう。

 

 

数字があるだけで説得力が全く違います。

自分がどうしても説得したいものがあれば

過去データや関連データをかき集めてくださいね。

 

 

2.プレゼンのデザインはシンプルに

実際に作成するときは

 

1.全体での大きな目次は3つまで

2.1枚あたりの文章量は少なく

3.色は3色まで

 

1.全体での大きな目次は3つまで

人が覚えられる限界は3つまでと言われています。

そして覚えやすいのも3つです。

分析

提案

まとめ

の流れがベストです。聞き手にとってわかりやすいです。

 

 

2. 1枚あたりの文章量は少なく

プレゼンは相手を納得させるためにあるので

1行以上の文章は不要です。

そのまま読む人とかいるでしょ?

それってものすごいもったいないことをしてるんです。

 

人って視覚からの情報が87%も占めてるんです。

 

強調したいことだけを文章にしましょう。

そうなると一言になりませんか?

言いたいことを一言だけ1枚のスライドに入れましょう。

 

あとは図やグラフで補います。(ここ意外と重要)

文字サイズは28pt以上。見やすいからね。

 

すらすらとスライドが動いていくほうが人は退屈せずに

興味を持ってくれます。動くものに興味を持つ、これは人間の本能です。

動かない退屈なプレゼンはやめましょう。

 

3.色は3色まで

色が3色以上になると人はカラフル★って認識します。

カラフルになると注意が散漫し、どこをみていいのかわからなくなります。

それだと印象付かせられることはできません。

強調したいところだけ、太字の赤にする!など自分の中でルールを決めましょう。

 

 

3.プレゼン発表は何度も練習する

あのプレゼンの神様、スティーブ・ジョブズでさえ

プレゼン発表の前には何十回もリハーサルをし、練習をしたといいます。

あの神様でさえあれだけ練習をしたので

 練習しないほうがおかしいんです。

 

「全然練習してないけど、ぶっつけでいけるだろ~」

 

どうした?世の中のプレゼンうまい人は練習してるぞ…

それでうまくいくのはボロが出てないうちだけ。

何度も口に出して練習することによって

自分のプレゼンへの疑問点やおかしな点に気が付いてきます。

 

人に自分のプレゼンを聞いてもらうことも大切。

自分では気が付かなかった点がでてきて、

質問の対応力がしっかりと身に付きますよ~!

 

 

発表の仕方のおまけ。

 

プレゼンで心を掴むには、

聞き手へのサプライズ、質問がとっても役立ちます。

巻き込み型のプレゼンって、話し手も聞き手も

ものすごく楽しいんです。

楽しいモノって中身がそんなに伴っていなくても(言い方悪いか)

なぜか契約がとれちゃうってケース多いんですよね。

 

笑わせたら勝ち。なところもあります。

やるならプレゼンの導入部分で。

 

あとは、ところどころで質問入れましょう。

たとえば、温泉の話に入る時

「最近温泉に行っていますか?〇〇さん(50代)はどうですか?」

「じゃあ、〇〇さん(20代)は?」

「ふむふむなるほど、、、」

「ここでも結果がでてしまいましたね、(グラフを見せる)

なんと若者が温泉に行っていないんです!」

 

話のつなぎに質問を入れるととっても巻き込み型!

 

 

まとめ

長くなってしまいましたが

プレゼンを説得力のあるものにするには

1.数字データを入れる

2.プレゼンのデザインはシンプルに

3.プレゼンは練習あるのみ!

この3つです。

 

以上です。もしあなたのプレゼンの役立てたら嬉しいです。

 

 

 

 

TOEIC200点未満だった私が英語を話せるようになった勉強の仕方。

 

 

実は英語話せます。

(そういう人以外に多いんじゃないかな?)

人に言うと「なにか話してみて。」って言われるのが

うっとうしいから言わないけど、

世の中の動きをしっかり見るには英語が読めたり

話せたりできないと情報が遅れてきます。

いろんな脚色がついて。

 

正しい情報が欲しい、なんかよくわからないけど

そんな気持ちになった私は外国人とコミュニケーションをとるために

英語を話せるようになりたいと思ったのがきっかけでした。

(いやもっとよこしまな気持ちだったかもしれない)

 

英語を話すって難しい。

そんなふうに思っていませんか? 私もそう思っていました。

とにかく私は英語の勉強が大嫌いで、まともに英語の勉強もせず

大学で無理やり受けさせられたTOEICでは200点以下。

そんな賢いわけでもない。

いろんな英語教材にお金をかけ試しましたが、

継続力のない私はすぐやめてしまいました。

でも!英語話したい…気持ちだけはありました(笑)

そんな私が英語を話せるようになった勉強法を教えます!

 

 

1.発音が正しくできるようにする

これものすごい重要です!!!

まったく英語が話せなくて留学する方もこれだけは鍛えてから

日本を出たほうがいいです!

私はカナダに留学へ行ってからものすっごい後悔しました。

全く聞き取れない。

もう無理…ご飯の時間さえわからない…そんな時代もありました(笑)

 

 

なぜ発音が正しくできること必要なのか?

それは自分が発音できない音は聞き取れないんです!

しっかり聞き取れなかったら会話は成立しませんよね。

しかも発音をしっかりと学ぶことによってネイティブや第2言語で英語を話している外国人とも スムーズに会話ができるようになります。

 

会話するならお互いに負担がないほうがいいですよね。

「R と L」の発音の違いなど、日本人が難しいとされる発音を

しっかりと学ぶことが話せるようになるための第一歩です。

特に「TH S SH R L」この発音ができるようになるだけでかなり違います。

劇的にリスニング力が向上しました。

私はそんなにお金をかけられなかったので

無料のサイトと「英語耳」という本を使って勉強をしていました。

 

リンキングと呼ばれる音のつながりを勉強していたサイトは ココです。

なかなかよいです~!

 

2.フレーズを覚える

発音がしっかりできてなかったら意味ないです!

発音を意識しながら何度も口に出しましょう

口に出すことによってしっかりと口周りの筋肉が鍛えられます。

スムーズに話すためには日本語では使わない顔の筋肉を鍛える必要があるんですよ~!

 

恥ずかしがらずにね!

 

人間の言葉の覚え方は耳からです。

聞いてみて「?」と思う単語を発音してから意味を調べると

かなり記憶されます。体験から経験に変わるからですよ~!

表面上の会話だとフレーズだけでできちゃいます。

 

仲良しへの第一歩は社交辞令。外国でも変わらないよ。

つぎに、Real英会話っていうアプリ。

これは有名だからもうこのブログにたどり着いた方は知ってるかもですね。

フレーズを学ぶにはここが一番。 スラングとかもあるし役立つよん。

 

***

 

さて、ここまでで聞き取り、会話の話題を振る側にはなれました。

実際に外国人と話すとなにが困るって、

会話が続かないことなんです!!!!!!!!!!!

 

ほんとに困る。話したいことが話せないし、

英語の組み立て方わかんないもん!!って何度投げ出そうとしたことか。

(もはや私は他人に興味がないのかも、とまで思ったくらい…)

会話が続くようになるためには…

 

3.速攻で英文を組み立てる練習をする

会話を続けるためにはこれ重要。

いいたいことを言えるようになるにはある程度の練習も必要です。

ゲームで初めは練習しました。

cocone英語文法ゲームアプリ 「英語組み立てTOWN-日常編-」

 

次に 考えていることを英語にしてみる。

普段考え事するときって日本語で考えていませんか?

それを英語で考えるようにしてみましょう。

たとえば、このご飯、薄味だな…とかを頭の中で英語で考えてみる。

実際に口に出すのは最高に効率良い。

これが一番効果的。

 

 

ちょっとずつ英語で考える習慣にしてくと、

日本語でいつの間にか考えなくなります。

思っていることが口に出るので「なんて英語でいうんだろう。。」

ということも少なくなります。

 

 

以上! まとめ!

1.発音が正しくできるようにする

2.フレーズを覚える

3.速攻で英文を組み立てる練習をする

 

この3つができるようになっている頃には 外人とぺらぺら~と

話せるようになっていますよ!

あほで勉強嫌いな私でもできたのできっとできるはず。

 

英語は話せないと昔から言われていますが 心理的な刷り込みが多いです。

英語が話せるようになる一歩は

 

「失敗してもいい!恥ずかしいことなんてない!みんな同じ道を歩んできている!」

 

この気持ちがなによりも大切。

人の英語を聞いて笑ってるやつは、

どこかで自分の英語力に自信がないからでしょう。

 

英語話せるようになったら広い心でみなさんが話せるよう支援してあげましょう~!

 

 

 

新卒で入った会社を2か月で辞めたあとに思うこと。

 

新卒で入った後2か月で会社を辞めて

WEBデザイナーになったわけですが、

転職してよかったな~と本当に思います。

 

転職活動中、いろんな人に止められたり、

批判されたり(特におばあちゃん世代の方)

ネガティブなことがものすっごく多かったです。

「そんな~すぐに会社辞めて雇ってくれる会社なんてないよぉ~?」

「ええとこはいったんやからやめんとき~」など

 

そんなんどーでもええわ!

自分の人生ちゃうやろ!私がやるっていったことはやるんや!

失敗してもきっと諦めんかったらええねん!!!!

って怒ってたな…

 

今思えば、その言葉を聞かなくてよかったと思います。

その言葉を聞いていないからこそ、

体験談としてブログをかくことにもなりました。

 

新卒で転職を考えている方がいたとして、

もしこのブログを読んでちょっとでも前向きになれたら

このブログ書いててよかった~と叫びますね。(心で)

 

で、なにがよかったのか?

 

それは「自分の生き方を再発見できた」からです。

 

WEBデザイナーは独立もしやすいし、スキルも身に着く、

AIが発達して人間の能力を負かす時が来ても

デザインという創造力はAIには負けない。

独創性ってAIにはまねができないものなんです。

人間の好きなモノってきっと人間が一番知ってるはず。

 

私がWEBデザイナーになろうと思ったのはそれ!

私は本当の本当に組織に属すことが大の苦手。

組織に属していなくても生きていける、そんな人になりたい!

でも社会人っていうものも知っておきたい。

そんなわがままを再認識。

 

そろそろいいこちゃんキャラを演じるのもしんどくなってきました。

ええ、そうです、たぶんだけど、大多数側の人間ちゃうわw

もういろいろ外のこと考えんのめんどいねんて、、、

 

そんなこんなでまた会社に入ったわけですが、

やっぱり組織向いてないわwww

上司は好きだけど、尊敬してるけどw

みんなで同じ時間に同じようなことをして

同じような考え方になり、理不尽なことに対応するのは

本当にむりやんwwwwみんなようやってるわww

ってなる。

 

社会ってそんなに甘くないっていう人たちがいるけど、

甘くない社会を作って苦しめているのは誰?

 

相手のことを思いやる気持ちで相手に合わせてるの?

合わせることだけが思いやりじゃないよ!

だめなことはだめって言わなきゃ!

ってブラック企業が取引先だと思う。

会社に属してる限りは言えないことですね~

これがおかしなことだと思いますが。

 

あとね、みんな働きすぎ。

もっと自分の時間を大切にしなよ。

なんのために生きているの?

 

 

社会人になって働いてみて、

電車は混みすぎだし、おっちゃんたちは満員電車にのる技術高すぎだし、

電車の乗務員さんも朝から押し込みまくりでえらい腕力やし、、、

どうかしてる。

 

隙間になんとか体を滑り込まして耐える種目があったら

日本人の圧勝だよ…

 

いつも思う。

旧態依然とした組織のありかたに嫌気がさす。

そこに順応していってる若者は本気ですごい。

(てか疑問持たないの?不思議。)

 

でもそろそろ自分の生き方を確立させないと

会社に依存した生き方じゃ、生きていけなくなる。

 

転職だけじゃない自分だけの生き方を見つけんとね。

 

営業職から独学でWEBデザイナーになった私のデザイン勉強法

 

 

私が営業をやっているときに

「私は営業に向いていない!なにかスキルをつけたい…」と思い立ち、

WEBデザイナーになることを決めた私。

しかし、使ったことがあるのはWindowsのソフトばかり…

まったくAdobeソフト(Photoshopillustratorなど)の使い方なんてわかりませんでした。

 

独学でWEBデザイナーになった私が実践していた

デザイン勉強法を公開します。

 

 

1.Photoshopillustratorの使い方を少し覚える。

デザインの現場でよく使われているのはフォトショやイラレ

よくWEB系の求人広告ではPhotoshopillustratorの操作スキルが

絶対と言っていいほど載っています。

これが使えなかったらお話しにならないと言われているほど

デザイン業界では当たり前の存在です。

 

しかし、自分でなにか絵を描いていたり、

写真をがっつり加工してやろ!って人くらいしか使ったことがないはず。

私も使ったことありませんでした。

 

はじめに触った時もなにそれ…使い方まったくわからへん。

無理やん…とか思ってたけど、意外と覚えること少なかったです。

初めのうちはほんまに最低限でええねん、

慣れることが重要やねん。て…職場の先輩もゆうてたわ…

あとは入ってから教えてもらいましょ!くらいの気持ちやないと

覚えること多すぎてしんどくなりますよ。人それぞれですが…

 

最低限覚えておいたほうがいいPhotoshopillustratorの使い方を

簡単にまとめると

Photoshop

・色の補正

・切り抜き

・レイヤーの使い方

 

ー illustrator

 ・ペジェの使い方

イラレで作成したものをフォトショにもってくる方法

 

これだけです。意外と少ないでしょ?

これができるだけで求人広告によくあるアイツ、

Photoshopillustratorの操作スキル」の問題を

ほぼクリアです!

 

公式ページで10日間の無料体験ができます。

illustrator http://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

photoshop https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

あまり大きな声で言えませんが、安く手に入れる方法も世の中にはあるみたいなので

探してみてもいいかもしれません。

(私は公式の月額プランです、知らなかったから…)

 

2.作りたいバナーを見つけ、真似をする。

これは基本です。独学していた当初は

「小さい枠からデザインやってみよ…」

くらいにしか考えていませんでしたが、

バナーはWEBの基本です。

限られた枠で指定された素材を使って配置する技術は

大きな枠になったとき(WEBデザインをするときに)とても重要です。

 

そしてWEBデザイナーになった初めのころはバナーづくりを任せられることが多いので

バナーづくりができるようになることをおすすめします。

バナーづくりがセンス良くできることによってWEBデザイナーとしての一歩を大きく踏み出せるようになりますよ!

 

バナーの作り方に関しては以下に詳しくまとめました!

初心者でもできるセンスのあるWEBバナーの作り方

(のちのち書きます…まっててください~><)

 

バナーをものすごいたくさんつくったあとに

WEBデザインをすると、かなりデザインスキルが身についていることを

実感すると思います!

 

 

 

 3.とにかくデザインを分析する!

デザインセンスを磨くにはこれが一番!

見たもの、触れたもの、聞いたもの、すべて誰かがデザインしたものです。

電車乗っているときの広告、あの狭いスペースの中で

乗客の目と心を釘付けにしなければなりません。

絵本も、時計も、テレビも、服も、カレンダーも

機械的にデザインされたものって意外と少ないんです。

 

いろんなジャンルのデザインをみることをオススメします!

 

デザインの分析を続けていくとあら不思議。

良いデザインとはなんなのか、共通点が浮かび上がってくるはずです。

共通点といってもそれはあなたの中の良いデザインの共通点です。

その共通点があなたのデザインの強みになります。

私の場合は空白をデザインすることでした。

 

ちなみにダサいデザインっていうのが分かるようになりますよ(笑)

 

 

***

 

以上をまとめると、

1.フォトショやイラレの最低限の操作スキルを身に着ける

2.好きなバナーをとにかく真似して作ってみる

3.たくさんのデザインを分析すること

 

この3つです。

0からWEBデザイナーを目指す方はこの3つを意識してみてください!

世の中にいろんな勉強法が出回っていますが

結局はこの3つさえできれば、なんとかなりますよ~!

 

ぜひ勉強の参考にしてみてくださいね。

 

 

新卒が有名転職サイトを使ってみた結果。

大学卒業後、2か月で転職しました。

4月に新卒で入社し、5月いっぱいで辞め、

6月には新しい企業へ…(笑)

 

そんな私が転職活動した理由と、

有名な転職サイトをほぼ使用したのでお勧め度や

紹介をしていきます~!

 

 

 

 

 

なぜ転職しようと思ったのか?

結論から言うと営業に向いていなかったから(笑)

人と話すのも好きだし、プレゼンも好きだし、いける!

と思っていた私ですが、

それは、自信をもって紹介できる商品じゃないと無理なことが判明。

 

どんな商品でも売れる営業マンに!

など考えていましたが、

詐欺まがいな商品を売ることが全くできず、心が拒否していました。

そしてなにより嫌いな電話営業。

 

そんなこんなでずっと営業するのは無理!

なによりがっちがちの会社無理やねん…

もっと自由な会社がいい!

そう思い、転職を決意しました。

 

しかし新卒すぐに辞めて転職するには

それなりのリスクがあります。

 

相談した人や転職エージェントに言われました。

もったいない。新卒で転職なんて無理。ましてや違う業種なんて…

経験もっと積んだら?など

ネガティブなこと、ものすっごい言われました。

 

が、無視。若干気に病みましたが、人生一度きり!

心がしんどく、詐欺の片棒担ぐなんて、そんな人生にしたくない!

新卒だから、まだなんにも染まってないからいけるいける!

WEBデザイナーになりたいんや…!

こんな気持ちで転職活動を開始しました。

 

それぞれの転職サイトを使用した感想

今回使用したサイトは

リクルートエージェント

Indeed

アデコ

マイナビ

 

1.業界大手【リクルートエージェント】

業界No.1ということでやっぱりすごい。

何がすごいって掲載数。対応。

だけど新卒向けではなく、ある程度力を付けた人に向いているサイト。

エージェントの方に

「新卒で、なおかつ違う業界に行きたいのですが…」

といったらかなり困惑していました。

あまり新卒、未経験者はこのサイトを使わないそうです。

親身になってかなり探してくれましたが条件が難しすぎるそうです。

私が使用したタイミングが悪かったかもしれません。

タイミングさえ合えば掲載件数も多いので見つかるかもしれません。

 

 

2.Indeed

ここは登録しなくても転職情報が見えるので割と利用していました。

手軽に見えるのが利点です。

ブラック臭のする企業もあるので注意が必要ですが

隠れ優良企業もあるので自分の情報検索力が試されます。

何社見てきて思ったことは、「急募」この2文字危ないです。

常に人手不足の可能性が高く、人を育てようという風土がない、

そんな余裕がない。新卒で転職先にするにはハードルが高いでしょう。

 

3.アデコ

アデコはスイスに本部を置く総合人材サービス企業です。

IT系の転職に強い!ということで申し込み、エージェントに会ってきました。

結論からいうと新卒未経験者向けではないが、前向きにさせてくれた企業です。

 

かなりのベテランのエージェントに対応に対応していただき

「営業職からWEBデザイナーになるにはかなりハードルが高すぎる」と、

ここからは紹介が難しいとはっきり言われました。

ショックですよね。ここまではっきり言われるとは…思っていたけど

面と向かって言われるのはちょっと心がすさむよ~と思っていた時、

 

「むしろ新卒で業界未経験の場合は、適性が重視されます。

 自分の足で行きたい企業に出向き、入りたい気持ちをアピールすることが

 転職を成功させる一歩ですよ。」

 

と言われました。なんや、、、めちゃめちゃ親切やん…

だったら自分で行きたいとこに真正面からぶつかってやろう!

と前向きな気持ちにさせてくださいました。

 

 

4.マイナビ転職

よーし!好きな企業見つけるぞー!と早速登録。

今回はエージェントなしです。

マイナビエージェント×IT というITに強いエージェントもあるのですが今回はなし!

 

エージェントがいないので自分の力で見つけなければいけません。

掲載数もリクルートに負けず劣らずです。

マイナビにしかない掲載などもあり、

企業情報が作りこまれているのでなかなかおすすめ。

企業とのやり取りもマイナビ上でできるので後腐れがないのも魅力的。

 

****

まとめ

そんなこんなで新卒が転職サイトを使ってみた結果、

第2新卒に特化したサイトでない限り、エージェントも対応が困るので

なかなか転職先は見つかりません。

自分から見つけて、行きたい気持ちがぶつけることが大切。

新卒採用のときみたいにテストがなかったりするので

面接のみで入れる企業も多いです。

 

新卒ですぐに辞めるというときは不安も多いですが

新卒採用の最初のときよりか、転職は楽です。

 

何度もあきらめようと思ったこともありますが

あきらめなければ失敗ではなく、すべて経験値となります。

経験が見る目を養ってくれて、よりよい企業に導いてくれます。

 

転職サイトもそれぞれ特性があるのでしっかりと見極めましょう!

 

 

クリエイティブパーソンをグロースさせる転職エージェンシー【アールストーン】

 

 

営業職から未経験でWEBデザイナーになった話。

前回の記事にも、ちらっと触れましたが、

営業職から未経験でWEBデザイナーになりました。

なんで転職したのかを詳しく書いた記事はこちら↓

tensyoku-no-susume.hatenablog.com

 

大学では経営の勉強をしてきたし、割とWEBには無縁の世界で生きていました。

絵を描くことは好きだけど、ヘタウマレベルですし、

学生の頃、そんな賞をとったことはない。

私はこんなレベルでした。

 

そしてWEBデザイナーになろう!と思い立った時に

未経験からWEBデザイナーになるにはなかなか難しいと

周囲からも言われました。

でも、私はこれがきっと天職になるはずだ!と思っていました。

よくわからない根拠ですけどね(笑)

 

そんな私がWEBの学校にも行かず、独学でWEBデザイナーになりました。

 

WEBデザイナーになるためにはちょっとした準備が必要です。

その準備を事細かにお話ししますね。

 

 

ポートフォリオを作成しよう!

 

まず、なによりも大切なのがポートフォリオを作成することです。

え、待って、ポートフォリオってなに?

 

ポートフォリオとは自分がどんな作品(WEB)を作ったかをまとめて紹介するページです。

 

そんなんつくったことないんやけど…

私も同じでした。

 

だからまずはWEBページ、簡単なものを作ってみましょう!

 

おすすめはWIX。無料。(もう無料ってワード大好き)

めちゃめちゃ簡単にWEBページの作成ができます。

めんどくさがりやの私でもさくさくでした。

 

まずは容量を掴んでみましょう。

さくさくと簡単にできますよ~!

ほかにWEBブラウザでできる、WEBページ作成エディタがあるので

そちらもいいかもしれません!

 

ここで重要なのが、テンプレートは最小限にすること!

すべてテンプレだけで作られたサイトは

落とされる可能性が高くなってしまうんです…

ちょっとでも自分で作った感が必要なんです。

 

なので、

テンプレは最小限にして、自分のオリジナルをちょっとだけ盛り込みましょう。

ほかは王道のデザインで大丈夫です。

 

王道デザイン

・ヘッダー

・グローバルナビ

・メインビジュアル

・コンテンツ

・サイドナビ

 

こんだけあれば十分!この順番なら間違いない!

 

WixのほかにもWeb作成が簡単にできるJimdo もおすすめ。

ドラッグ、ドロップで簡単にHPの作成ができて無料。

本当の初心者でやり方もわからん!ってかたには

こちらのほうがおすすめですね。

しかも、JimdoCafeという無料でWEB制作の相談できるカフェがあり

WEBデザイナーの方に無料で教えてもらえちゃいます。

ちょっとしたスキルを教えてもらえます。

 

 

就職率をあげるには

そしてPCで作成されると思うのですが、

現在の主流はスマホですよね。

 

レスポンシブデザイン」というものが需要があり、

これを作成できるWEBデザイナーはかなり採用率が高まります。

 

レスポンシブデザインとは、

PCやスマホで見たときにレイアウトが崩れず、画面の幅に応じて最適化されているWEBデザインのことです。

 

わかんなかったらWIXにまかせとけば大丈夫。

勝手にスマホ用ページを作ってくれます。

(少々手直しは必要ですが…)

 

WIXで作成する際の詳しい記事はまた後日改めて!

WEBデザイナーがWEBを作る時、気を付けること」

 

そんな感じでHPを2~3個テイストの違うものを作成します。

多ければ多いほどいいかもね!

 できたらもう応募できます!

 

 

そこで立ちふさがる、実務経験の壁。

応募要件にある

実務経験2年以上

これ書いてある企業多すぎる~!

どんだけ人で不足やねんて…

 

そんでもやっぱりスキルつけてから応募したい!

って方にはWEBデザイン学校にいってみる。

私は新卒でお金がなかったのでいけなかったのですが

ぜひいってみたかったですね。

職業訓練校内にもWEBデザイン部門があるみたいなので探してもいいかも。

うちの上司はそこにもいってたみたい。

あとは独学カナ。私は完全に独学。

独学でWEBデザイナーになった、この勉強法はこちら↓です。

 

tensyoku-no-susume.hatenablog.com

 

スキルあるけど実務経験ないよ~~~!

って方には派遣がおすすめ。

私の先輩は派遣からWEBデザイナーの正社員になりました。

 

派遣先でWEBデザインセミナーなどを開催してあるとこもあるので

要チェックですね。

だってただでWEBデザイン学校にいけますもん。

もうスキルある方でもデザインは日々勉強ですよ~!

 

派遣でしっかり実務経験を積むともう、選び放題。(らしい)

実務経験を積んでから行くといますぐになりたい人には

ちょこっと遠回りかもしれませんね。

 

デザイナーの人材派遣【マスメディアン】

 

 

スキルが~実務経験が~など書きましたが、

実はスキルばかり求めている企業ばかりでないんです。

なによりも会社に適性があるかどうかも重視します。

こちらは新卒対象としていますが適性について過去に記事を書きました。

転職する際にも適性をどう見つけるかが重要です。

tensyoku-no-susume.hatenablog.com

 

あとね、転職ってわりと勢いって大切。

自分が養う重要なポジションでなければガンガン

チャレンジしてもいいと思う。

 

うちの会社にも諦めきれず実務経験を他社で派遣で積んでから

再挑戦し、受かった方もいます。

 

なにごとも、思っているだけじゃ現実しない、

まずは自分ができそうなことからやってみること。

要はちょっと10分だけでも行動してみる。

それがWEBデザイナーへの第1歩です!

 

 

 

 

新卒ですぐに転職できる?

 

 

ここのページに来たということは、転職しようか迷っているでしょう。

新卒で入社した会社になんとなく合わない気がする。

自分が思い描いていたものとなんか違う。

転職したいけど新卒だし、なんにも経験ないし…

 

などなど…

 

実は私は新卒で入った会社を2か月で辞めて

まったく業種の違う会社に転職しました。

 

だから新卒だから転職は無理!ではないのです!

一回就職したからこそわかる本当の自分を見つけることで

転職で失敗しない方法をお話しします!

 

私のこの方法を試した友人たちは次々に転職に成功しました~!

誰かの手助けになればいいなと思っています!

 

続きを読む