天職のすすめ

天職とはなんなのか。WEBデザイナーのスキルアップについてのブログ

TOEIC200点未満だった私が英語を話せるようになった勉強の仕方。

 

 

実は英語話せます。

(そういう人以外に多いんじゃないかな?)

人に言うと「なにか話してみて。」って言われるのが

うっとうしいから言わないけど、

世の中の動きをしっかり見るには英語が読めたり

話せたりできないと情報が遅れてきます。

いろんな脚色がついて。

 

正しい情報が欲しい、なんかよくわからないけど

そんな気持ちになった私は外国人とコミュニケーションをとるために

英語を話せるようになりたいと思ったのがきっかけでした。

(いやもっとよこしまな気持ちだったかもしれない)

 

英語を話すって難しい。

そんなふうに思っていませんか? 私もそう思っていました。

とにかく私は英語の勉強が大嫌いで、まともに英語の勉強もせず

大学で無理やり受けさせられたTOEICでは200点以下。

そんな賢いわけでもない。

いろんな英語教材にお金をかけ試しましたが、

継続力のない私はすぐやめてしまいました。

でも!英語話したい…気持ちだけはありました(笑)

そんな私が英語を話せるようになった勉強法を教えます!

 

 

1.発音が正しくできるようにする

これものすごい重要です!!!

まったく英語が話せなくて留学する方もこれだけは鍛えてから

日本を出たほうがいいです!

私はカナダに留学へ行ってからものすっごい後悔しました。

全く聞き取れない。

もう無理…ご飯の時間さえわからない…そんな時代もありました(笑)

 

 

なぜ発音が正しくできること必要なのか?

それは自分が発音できない音は聞き取れないんです!

しっかり聞き取れなかったら会話は成立しませんよね。

しかも発音をしっかりと学ぶことによってネイティブや第2言語で英語を話している外国人とも スムーズに会話ができるようになります。

 

会話するならお互いに負担がないほうがいいですよね。

「R と L」の発音の違いなど、日本人が難しいとされる発音を

しっかりと学ぶことが話せるようになるための第一歩です。

特に「TH S SH R L」この発音ができるようになるだけでかなり違います。

劇的にリスニング力が向上しました。

私はそんなにお金をかけられなかったので

無料のサイトと「英語耳」という本を使って勉強をしていました。

 

リンキングと呼ばれる音のつながりを勉強していたサイトは ココです。

なかなかよいです~!

 

2.フレーズを覚える

発音がしっかりできてなかったら意味ないです!

発音を意識しながら何度も口に出しましょう

口に出すことによってしっかりと口周りの筋肉が鍛えられます。

スムーズに話すためには日本語では使わない顔の筋肉を鍛える必要があるんですよ~!

 

恥ずかしがらずにね!

 

人間の言葉の覚え方は耳からです。

聞いてみて「?」と思う単語を発音してから意味を調べると

かなり記憶されます。体験から経験に変わるからですよ~!

表面上の会話だとフレーズだけでできちゃいます。

 

仲良しへの第一歩は社交辞令。外国でも変わらないよ。

つぎに、Real英会話っていうアプリ。

これは有名だからもうこのブログにたどり着いた方は知ってるかもですね。

フレーズを学ぶにはここが一番。 スラングとかもあるし役立つよん。

 

***

 

さて、ここまでで聞き取り、会話の話題を振る側にはなれました。

実際に外国人と話すとなにが困るって、

会話が続かないことなんです!!!!!!!!!!!

 

ほんとに困る。話したいことが話せないし、

英語の組み立て方わかんないもん!!って何度投げ出そうとしたことか。

(もはや私は他人に興味がないのかも、とまで思ったくらい…)

会話が続くようになるためには…

 

3.速攻で英文を組み立てる練習をする

会話を続けるためにはこれ重要。

いいたいことを言えるようになるにはある程度の練習も必要です。

ゲームで初めは練習しました。

cocone英語文法ゲームアプリ 「英語組み立てTOWN-日常編-」

 

次に 考えていることを英語にしてみる。

普段考え事するときって日本語で考えていませんか?

それを英語で考えるようにしてみましょう。

たとえば、このご飯、薄味だな…とかを頭の中で英語で考えてみる。

実際に口に出すのは最高に効率良い。

これが一番効果的。

 

 

ちょっとずつ英語で考える習慣にしてくと、

日本語でいつの間にか考えなくなります。

思っていることが口に出るので「なんて英語でいうんだろう。。」

ということも少なくなります。

 

 

以上! まとめ!

1.発音が正しくできるようにする

2.フレーズを覚える

3.速攻で英文を組み立てる練習をする

 

この3つができるようになっている頃には 外人とぺらぺら~と

話せるようになっていますよ!

あほで勉強嫌いな私でもできたのできっとできるはず。

 

英語は話せないと昔から言われていますが 心理的な刷り込みが多いです。

英語が話せるようになる一歩は

 

「失敗してもいい!恥ずかしいことなんてない!みんな同じ道を歩んできている!」

 

この気持ちがなによりも大切。

人の英語を聞いて笑ってるやつは、

どこかで自分の英語力に自信がないからでしょう。

 

英語話せるようになったら広い心でみなさんが話せるよう支援してあげましょう~!

 

 

 
広告を非表示にする