天職のすすめ

天職とはなんなのか。WEBデザイナーのスキルアップについてのブログ

カナダやオーストラリアなど、ワーホリに行く前にしておいたほうがいいこと。

私は大学4年の時にこのまま世界を知らずに社会人になるのはまずい、そんな気がしてカナダへ留学をしました。

その時に語学面でかなり後悔したことがあったので、これから留学する!って方におすすめの留学プランを紹介します。

 

日本人のほとんどは英語が話せないまま、カナダなどにいきなりいきます。

これだけは非常にもったいないのでやめておきましょう。

私は本当に後悔しています。

 

きっとワーホリで行く方の王道プランとしては

現地(カナダなど)でホームステイ

3か月間は語学学校

そのあと半年くらいは働く

(もしくはインターンシップ

最後にもう一度語学学校へ

 

こういったプランが王道となっています。

もちろん留学エージェントの方も同じような提案をするでしょう。

 

これって本当に話せないレベルの人がいったらもったいなすぎるんです。

 

全く話せない人は最初の3か月で意思疎通がやっとのレベル。3か月も現地にいればぺらぺら。なんていうのはほぼありません。

 

それからの職探しは困難を極めます。

話せない、聞き取れない、そんな人を現地の人が雇うと思いますか?

雇ってくれたとしても、皿洗いか、ジャパニーズレストランくらいでしょう。

もしこのプランで行くとしたら英語漬けの毎日には程遠く、後悔するでしょう。

人生でたった1度しか使えないワーホリを充実させたいですよね?

私は本当に後悔したのでお勧めのコースを紹介します。

 

 

カナダやオーストラリのワーホリに行く前にセブ島留学を使え!

 

初めて留学やワーホリに行くならセブ島留学にいってからカナダなどに渡航するのがおすすめです。

なぜならセブ島留学は敷居が低く、全く話せない韓国人やアジア人が多くきています。

そのためにお互いが同じレベルから始まるので切磋琢磨しやすい環境にあり、同じアジア人、だけど異国の人との会話に慣れることができます。

これはとてもハードルが低く、自分だけで勉強ができない人には向いています。

 

このセブ島留学をワーホリ前にすることによって、実際にカナダやオーストラリアに行った時にそのまま来た人よりも吸収力が違いますし、

ヨーロッパからきた学生とも対等に話せる環境になっています。

(ヨーロッパからくる学生はわりと英語が話せる)

 

そしてセブ島のいいところはマンツーマン指導のところが多く、1日8時間みっちりと英会話や英語の勉強をさせてくれます。

こんなのカナダやアメリカの語学学校だったら、ものすごいお金がかかってしまいます。

私の場合はカナダの語学学校に3か月で90万近く払いました。

マンツーマンでもないし、1日4時間なのに…

 

今だと0円留学などのコースもあり…

私はなぜ留学する前にこのことを知らなかったんだと後悔。

限りあるお金で効率よく学びたいってそう考えているなら本当におすすめ。

 

セブ島留学って検索したらいろいろ出てくると思うのですが

おすすめのセブ島留学プランを3つ紹介します。

 

  1. NILS
  2. セブ島ガチ留学
  3. 0円留学

 

1.フィリピン政府公式認定語学学校 NILS

 

私の一番のお勧めは

ここ、フィリピン政府公式認定 語学学校NILS を選びます。

お金があるなら絶対にココにします。フィリピン政府公式認定っていうのも安心感がありますよね。

親に反対されていて…っていう方も、政府が公式認定している語学学校ってだけでもかなり違いますよ。

なぜなら治安もいい場所で、がっちり英語を学べるからです。

先生も外国人で英語で教えてくれますし、最初から日本語を抜きで学びたい方におすすめ。

日本人スタッフもいるのでわからないことがあればすぐに聞けます。

 

4時間プランから10時間プランまで選べます。10時間コースがあるのはかなり大きいですね。

どうせお金を出すのならしっかりと結果がでるほうがいいですよね…自分一人だけじゃ勉強辞めちゃうって方にものすごいおすすめ。

 

ここだとだいたい2か月から3か月くらい勉強すれば、カナダやほかの国へワーホリに行く前にはだいぶ英会話が上達しているでしょう。

 

詳しくは4倍速で英語が身に付く!常夏の楽園セブでマンツーマン留学 から資料請求をしてみて検討されるとよいでしょう。

 

 

2.セブ島ガチ留学

 

最初から英語の授業はちょっと抵抗があるという方は

この1週間39,999円~OK!セブ島ガチ留学 がおすすめです。ここもNILSと同じくフィリピン政府公認の語学学校でです。

NILSよりかは少し安いですし、なによりも日本人のスタッフも先生をしています。

これは心強いですよね。初めての生活でわからないことを現地の日本人スタッフの方にいろいろ聞けるのはいいですよね。

もちろん英語を母国語とする先生ともマンツーマン。

なのでガンガンわからないところは日本語で聞けるメリットがあります。

ただ、英語漬けにしたい!って方には向いていません。

日本語でも学べる環境があるのがガチ留学のおすすめポイントです。

 

滞在中はホテルに宿泊なので、寮やドミトリーは無理なかたにも心強いですし、個人の英語レベルに合わせたカリキュラムを組んでくれるところも素敵ですね。

 

格安・マンツーマンならガチ留学

 

 

3.0円でセブ島に語学留学

最後に全くお金がないけど留学したいし、英語を話せるようになりたいって方には

0円留学ならアーグス だったら0円で留学ができます。

これは上記のガチ留学と同じ会社が経営しているもので勉強の内容としてはガチ留学と変わりません。

ただ0円なのは、午後からコールセンターの仕事をするからです。(日本語で)

ゆってしまえば、セブ島でワーホリしながら英語を学ぶ、ただ職は先に決まっている。ということです。

英語を学ぶのに貪欲でお金が本当になければここですが、できればお金をちゃんと払ったほうがいいなと私は思います。

午後は必ず日本語を話さなければならないし、コールセンターでのお仕事って結構しんどいと思うんです。

英語の勉強でさえ自分を追い込む要素になるかもしれないのに、仕事をするって割とリスクのあることだと思います。

本気で英語を学ぶなら自分への投資はしたほうがいいです。

 

よくある懸念点

 

現地の人が講師って聞くけど発音どうなん?

→結局はどこの国にいっても訛りはあります。綺麗な英語を学びたいと思うのならかなり語学学校を探さなければならないし、カナダでも結局語学学校にいっても現地の人に教えてもらえる可能性がちょっとだけ上がるくらいです。

 

結局はみんな話せたらよい、みたいな風潮もあります。

ただ発音の強制はどこの国にいても根気よくやらないとジャングリッシュは抜けないままです。

 

まとめ

本気でカナダやオーストラリアにワーホリで行って英語を身に着けようと思うのなら、行く前の準備が大切。

自己投資を怠ればその分後悔することは多いでしょうし、たらればになりかねません。

ワーホリ前にはセブ島留学がおすすめ。しっかりと準備をしてワーホリに備えましょう!

きっと渡航先で会話ができず困るということもないでしょうし、なによりも知識があるので日本から話せずにそのまま留学に来てしまう人よりもかなり早く上達ができます。